レビュー

iPhone6をバッテリー交換に出してみたが一つだけとんでもないミスをしてしまった…

2018/11/29

iPhone6をバッテリー交換に出してみたが一つだけとんでもないミスをしてしまった…

    この記事をシェア!

こんにちは。私はiPhone6をiPhone8に機種変更しました。iPhone6はそのままサブ機で使っています。え?なんで下取りに出さないの…だって?バッテリー交換すりゃまだまだ使えるからです!!

そして、 iPhone6以降の機種なら2018年いっぱい半額でバッテリー交換できるならやるしかないっしょ!
ということでやってみたよ。

iPhoneバッテリー交換の手順は?

iPhoneはご存知の通り、自分ではバッテリー交換ができないのでAppleや店舗にiPhoneを預ける必要があります。

預ける方法は、
・最寄りのAppleストアまで持っていく
・Appleが提携しているお店まで持っていく
・自宅からAppleに送る
のいずれかになります。

私は自宅からAppleに送りました。
送ると言っても、ダンボールに梱包して…とかしなくて大丈夫。
集荷という形でヤマト運輸などで引き取ってもらう感じです。
預けたいiPhoneを、そのままヤマトさんに渡せば、ヤマトさんがAppleに届けてくれるのです。日付指定もできちゃいます。

あ、もちろんデータはリセットしておきましょうね。必要であればパソコンにバックアップを取っておきましょう。

iPhoneバッテリー交換 これだけは気をつけて

集荷に出す前に、データのバックアップ以外に気をつけることがあります。
それは、SIMカードは抜くこと
私はSIMなしでiPhone6を使うと決めていたのでカードを抜かずに送りました。

同梱されたSIMカードはAppleに処分されるだとか。それです!処分してくれていいのです。いらんので!

と思ったらある日Appleから封筒が届き、SIMカードが返却されてしまいました。
いらないのに!!
しかも着払い248円とかなんとか…勝手に請求されてしまいました。

処分するって言ったじゃん!
いらないから返してこないでいいしお金も取るとかなんなの!?
というわけで、バッテリー交換考えている方はSIMの必要有無関係なく抜いておきましょうね…。

ちなみに、月曜日に集荷、同じ週の金曜日にiPhoneが帰ってきましたよ。
今年ものこりわずか!
考えている方はお早めに。

    この記事をシェア!