レビュー

【ネタバレあり】関西人が「翔んで埼玉」の映画を見てきたけども

2019/03/18

【ネタバレあり】関西人が「翔んで埼玉」の映画を見てきたけども

    この記事をシェア!

こんにちは。公開から1ヶ月経った映画「翔んで埼玉」を関西人が見てきましたよ。
ひとことでいうと……私はそこまで楽しめませんでした。

※この記事はどちらかというとやや批判的な内容となります。ご了承ください。
※映画内のおはなし、設定に感じたことを綴っております。実在する土地には関係ありません。

埼玉の知識

そもそも私は埼玉をあまり知らないのです。
さいたまスーパーアリーナがある、クレしんの舞台……それぐらいです。
東京近いし家賃安そう、みたいな思い込みもあります。
本当にそれぐらい……いや、これが自虐する点なのかもしれない。
関西で言うと和歌山か奈良の立ち位置なのかな…とか思いつつ。

映画の良かったところ

序盤で舞台設定をドドンと、これでもかと魅せてくれたので、世界観はすぐ理解出来ました。ぶっ飛んでるぐらいがちょうど良い。
笑っていいんだよ、という作り方とてもよきです。最初の方の、空気の匂いで場所当てるシーンとかね。

現代なんだか昔なんだかあやふや……でもその世界観が独特で楽しかったです。

面白い点、小ネタはたくさんありましたが「海の音を聞け……!」でぐっwwって笑いました。なんやこれ。
芸能人合戦も面白かったね。タカミーは笑う。

何より伊勢谷友介さんがめちゃくちゃかっこよかった。

いまいちだったところ

前半良かったものの、後半めちゃくちゃダレました。飽きました……キャラ増えまくるし、どこにいるのかよくわかんないし……私の理解力の問題なのかな。

前半のポールダンスもちょっと際どいし…大画面で見たくないんだが、と思ってしまった。

某キスシーンも、これいる?!と思ってしまった……需要にお応えしているのだろうか。笑いを求めてるので、際どいシーンはいらないし、あったとしても一瞬にして欲しいなとか思ってしまいました。

あと、主要キャラである百美。
演じているのも女性だし、「女みたいな名前だな」というのも伏線だと思ってました。ずっと男装だと思ってた。作中のキャラみんなが男扱いしたまま終わったので消化不良です。でもwikiみたらほんとに男設定だったそうで……。

演技は素晴らしいです。声をもっと低くするのは無理…それは仕方ないけど、もっと身体のラインを覆ったり、肩を作って欲しいと思ってしまった。「あ、男キャラなのか」という確信が欲しかった。

(こんなに気になるのは、自分が男の娘じゃなくて女装子好きな点もある…ww)

そして、結局埼玉の良いところは?と思ってしまった。埼玉行きたい!聖地巡礼したい!みたいな気持ちにはなれなかった。申し訳ない………求めてるものと作品がミスマッチだったのかも。

ほんと後半ダレたし、もう見ないかな。

おわり

総合評価 2 ってとこでしょーか!(5点満点)
とは思うものの、エンディングの曲がめちゃくちゃ楽しかったので 3 です

よくある、いまいち合ってないバンドタイアップ主題歌かな、と思ってたらめちゃくちゃ楽しい曲で締めくくってくれたのはハチャメチャ楽しかったです。

歌の力は偉大である。

おわり

    この記事をシェア!